[レース回顧] 3回新潟4日10R(日)魚野川特別

新潟10R 芝1600
 馬名斤量騎手厩舎
1マリウス54.0柴山雄一石毛善彦
2ミルフィオリ55.5武幸四郎松田国英
3ケイアイウンリュー58.0柴田善臣清水利章
4ジュラナスリング55.0勝浦正樹松山康久
5カナハラサンサン50.0岩部純二山田要一
6フェミニンガール55.5石橋脩二ノ宮敬
7レディインブラック54.0江田照男高橋義博
8マイネルリバティー56.0田中勝春稲葉隆一
9アグネスパウエル55.0中舘英二長浜博之
10トップガンジョー55.0後藤浩輝和田正道


1番人気はトップガンジョー 前走はラジオたんぱ賞(GIII)ではハイペースで先行集団が崩れる中、5着に粘りきった。スプリングS(GII)3着馬。ここでは実力上位か。更に左回りは全て3着以内と安定、新潟コースも相性良し。単勝1.8倍で人気が集中するのも頷ける。死角がなく迷わず買い目。
フェミニンガール 元々はオープン馬であり、過去2度の降級により1000万クラスは2度勝利している。さらに夏場に強い牝馬らしく、戦績を見ても暑い時期に好走している。
ミルフィオリ 芝1600は合い、1000万クラスでもなかなか安定した成績。
レディインブラック アネモネS勝っているが、ここ何戦かは凡走。ただ芝1600は合いそう。同距離の前々走では7着に敗れているが、最後方からの競馬でトップから0.1秒差。展開向けば一発ありそう。
ケイアイウンリュー 休み明け。前走は1000万を勝っており、新潟も相性良し。しかしマイナス28キロという馬体。実績でいくとこの中では間違いなくトップ3に入るが、休み明けでこの時期での馬体減、そしてトップハンデ58キロ。ちょっと手が出ない。
アグネスパウエル ここ数戦は案外だがそれほど負けはしていない。ブービー人気ということもあり、馬券の妙味はある。

そんなわけでトップガンジョー、フェミニンガール、ミルフィオリ、レディインブラック、アグネスパウエルの5頭馬連BOX。


■結果
マイネルリバティーが同型不在で楽にハナを切り、やや大逃げの展開。直線も粘りきり最後はトップガンジョーに差し切られるも2着入線。以下、フェミニンガール、ジュラナスリング、マリウス。
ジュラナスリングは前走同様、終い良い脚を使っている。次辺りそろそろか。レディインブラックは完全に展開不向きで末足不発。アグネスパウエルは夏場はあまり向いてないのかも。
ニッカンの鈴木氏がマイネルリバティーに◎を打っていたのが多少気になるも…。
直線の長い新潟コースですが、意外と前残りが多いらしいです。芝状態に左右されると思いますが、この日も逃げ馬が粘りきるレースが何戦かありました。1 10 トップガンジョー 後藤浩輝 1:33.8
2 8 マイネルリバティー 田中勝春 2.1/2
3 6 フェミニンガール 石橋脩 3/4
4 4 ジュラナスリング 勝浦正樹 1.3/4
5 1 マリウス 柴山雄一 1.1/4
6 2 ミルフィオリ 武幸四郎 ハナ
7 3 ケイアイウンリュー 柴田善臣 クビ
8 7 レディインブラック 江田照男 1.1/2
9 9 アグネスパウエル 中舘英二 1/2
10 5 カナハラサンサン 岩部純二 3


単勝 10 180円
複勝 10 110円 8 370円 6 140円
枠連 7-8 550円
馬連 8-10 1660円
馬単 10-8 2160円
三連複 6-8-10 2150円
三連単 10-8-6 9440円
ワイド 8-10 690円 6-10 210円 6-8 1260円

2005年08月24日15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース回顧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8443315
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。