即PAT導入の手順

即PAT導入の手順
普通のPAT方式電話投票と違い、即PATは年に数回ある当選を待つことなく(当選しても使用可能になるまで数ヶ月必要)、その日から馬券が購入できるサービスです。もちろん現状のA-PATと同様、全国のレースが100円から購入できます。
私もA-PAT・即PAT両方に加入していますが、仕事が忙しいと金曜日までに口座に資金をなかなか預入れできない場合が多いので、土日に入金できる即PATを最近利用しています。
ネット銀行は口座維持手数料が必要になりますが、振込みや馬券購入すると、その月は免除されるので気にすることはないでしょう。
A−PATの当選を待ちきれない人にはオススメです。


即PATのメリット
ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、インターネットの加入手続きで、すぐに即PAT会員になれます。
しかも加入したその日から、すぐに馬券を購入可能。
・これまでのJRA電話投票会員は銀行に投票専用口を開設し、レースの前営業日(金曜日)までに入金しておくことが必要でしたが、即PAR会員はジャパンネット銀行に口座残高があれば、土日でも投票資金の追加が可能。
また土日にジャパンネット銀行の提携銀行やコンビニ・郵便局のATMから追加で現金を預金できます。
・当日の全レースが終了しなくても投票資金を精算することができます。

即PAT FAQ
どうすれば会員になれるの?競馬開催日に申込みページにアクセスしてください。ジャパンネット銀行の口座は事前に開設しておいてください。
会員にはいつなれるの?
(馬券はいつからかえるの?)
お申込みが完了次第、“即”馬券を買うことができます!
加入手続きはどうするの?1. JRAページで名前・生年月日・性別・銀行店番号・口座番号を記入
2. ジャパンネット銀行ページにジャンプし、口座振替契約を・結
3. 再びJRAページで最終的な加入者登録。(この間・ければ10分程度!)
どの銀行を選べるの?ジャパンネット銀行1行です。
どんな口座が必要なの?ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。この口座は電話投票専用である必要はありません。
いつ・どうやって口座を開設すればいいの?即PATのお申込みをされるまでに、お客様ご自身で開設してください。ジャパンネット銀行のホームページはこちらです。
馬券購入資金の準備はどうすればいいの?馬券を買う前に、お客様のジャパンネット銀行口座からJRA口座に振り替えます。振替は開催日に会員ページにログインして行います。なおジャパンネット銀行口座への入金は、土曜日、日曜日でもおこなうことができます。
馬券の買い方に違いはあるの?前項の購入資金振替は、IPAT(パソコン・携帯)経由で行います。従いまして、IPAT利用可能な端末(パソコン・携帯)が必須となります。
(JRA)

JRA
即PATマニュアル(JRA)

ジャパンネット銀行
口座開設申し込み


2005年10月03日00:00 | TrackBack(0) | 即PAT導入
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。